コピー屋さんからのお電話

こんにちは。

ついさきほど、用事を足して塾へ帰ってきて、ランチの準備をし、食べ始めたところ、電話が鳴りました。

だいたいこのような午後早めの電話はあまり必要でないものが多いので、スルーしようと思いましたが、念のため、箸をとめて電話にでました。


テ「はい、地域密着型超小規模学習塾、のびのび教育 テラコヤです。」

相手「お世話になっております、コピー機買取、販売の○○会社と申します。現在、コピー機はご使用ですか?」

(いくら寺子屋風だからってコピーくらいしますけど。)

テ「はい、使っていますよ。」

相手「本日、午後3時ころに地域担当者が伺うのですが、いかがでしょうか。」

テ「今の月額の代金○○円、月の使用枚数は○○枚、機種は×××-××で、現在使用の計○○円以内で、今よりいいコピー機になるならいいですが、それ以外ならば却下します。」

相手「少々お待ちください。」

~3分経過~

相手「申し訳ございません、電話で決めることはできません。やはり伺わないと…。」

テ「じゃあ無理です。失礼します。さようなら。」


と計5分間のやりとりを終えました。

1時間後に訪問とは、強引ですね。


当塾はコピー機もエアコンも間に合っています。



地域密着型超小規模学習塾
のびのび教育 テラコヤ

since2009.03.23


http://nobinobikyouiku-terakoya.schools.officelive.com
 

この記事へのコメント