支配されずに支配する。

おはようございます。

4月18日(木)、2014年埼玉県公立高校入試(2014年3月3日(月))まで319日です。



昨日、テレビ番組で、あるシンガーが、

「携帯電話を持つ時間を半分にしたこととネットサーフィンをやめたことで、ライブで感じるものが劇的に変わった。」

と言っていました。

そのシンガーは、先日、中学生のI君がファンだと言っていた人物です。


シンガー曰わく、

電車内でもケータイ

信号待ちでもケータイ

を使う現代人は、その時に見るもの、感じるものを見失い、感じ損ねている、と。

また、情報ばかりをネットでたくさん集めて、情報だらけで無意味である、というようなことも言っていました。

さらに、携帯電話やインターネットに

支配されるのではなく、

自らが、

携帯電話やインターネットを

支配するべきである、

と言っていました。

これらについては私は共感いたします。

ゲーム脳の次はスマホ脳がやってきますが、脳の仕組みもそうですが、意志をもてる年齢はやはり高校生以上が一般的でしょう。

小学生や中学生と話していて、思考力が低かったり、同じことを何度言ってもわからない子はたいてい機械に支配された子です。

この責任はご家庭の親御さんにあると言えます。

家庭でのルールそっちのけで学力アップは望めません。

私が話をして、よく聞き、何かを感じる子、一緒に新聞記事を読む授業で何かを感じ、きちんとそれを言えるか、花を見てきれいと感じるか、文章を書かせて、日頃、どれほど観察しているか、いろいろと判断材料はあります。


子どもの感覚を鈍らせぬために、私はできる限り鍛えていきます。

しかし、それは家庭でもやっていかないと今しかない、今しか感じられないものを逃していくのです。

シンガーの話を基に、改めてそれを強く感じました。




陸前高田ガレキーホルダー&石巻鯨カレー&さば缶で東北支援!!

地域密着型超小規模学習塾

のびのび教育テラコヤ

☆since2009☆




パソコンからは

http://terakoya.on.omisenomikata.jp/map

携帯電話からは

http://terakoya.on.omisenomikata.jp/m/

この記事へのコメント