前後左右空きなし&駆け込みテラコヤ

こんばんは。

本日は、午前中の授業を終えてからは先ほどまで事務仕事をしていました。

昼食をとり、いろいろやると眠くなりました。

仮眠したい時にゴロンとできる、これは畳の醍醐味です。

当塾は昨日から、やっとカーペットをとり、畳+ござになりました。

とても涼しく感じる、クールビズ仕様です。

ちょっと仮眠をとり、買い出しに行きました。

箱が3つ、袋に2つ。

もちろん車ではないため、買い物を終えてから買いすぎたと反省しました。

しかし、諦めてはいけません。

まずは落としたら危ない瓶入りの箱を前かごへ。

袋2つは当然ハンドルへ。

問題はあと2箱の行方でした。

前かごにはどうやっても入らず、残るは後ろの台です。

もちろんロープなどは持ち歩いておらず、固定は不可でした。

しかし、どう考えてもそこしかありません。

2箱重ねて片手で後ろにある2箱を押さえ、バランスをとって出発しました。

ちょっと危ないと思い、少し歩きましたが、コツをつかみました。

そしてそこから10分弱、まもなく到着というあたりで高校生3人組の姿が見えました。

卒塾生が1人いると遠目で確認しましたが、手はふさがり、ちょっと腕がプルプルなっていて、一言挨拶をして通り過ぎました。

私に何か用事があったような感じでしたが、こんな状態のため、振り返ることができませんでした。

テストの結果を報告してくれるつもりだったか、あのツーショット写真のことだったのかわかりませんでしたが、悪いことをしたなあと感じながらも私は止まらずに進みました。

かなりハードなお買い物でした。

その後は中学生がお買い物に来てくれたり、公園で遊ぶ少女たちが駆け込んできたりしました。

当塾は駆け込みテラコヤを名乗っていますから、ピンチの時は駆け込んでいただいて構いません。

ちなみにこの子たちのことを私は知りませんが、なんだかよくわかりませんが(通塾生の友達?)、男子の暴力に困っているから来てくれというのです。

小学生低学年+年長女児の計4人対年長男児1人の対決でした。

しかし、私は現場を見ていませんし、誰かに怪我が見当たるわけでもありません。

もめ事は、言いつけて、当事者以外が入り、フェアに判断できなることが厄介なわけです。

ひとまず両者の言い分を聞き、枝で戦うのは危ないことを男児には言い、女子軍団には混ぜてあげて遊んだら、と言いました。

他に1人、少し大きい男子もいましたし。

というわけで私は撤収し、耳を澄ましていましたが、一緒に遊んでいたようでひと安心したのでした。






陸前高田ガレキーホルダー、石巻鯨カレー・さば缶みそ煮&二本松の五目ご飯の素で東北支援!!

地域密着型超小規模学習塾
のびのび教育テラコヤ





パソコンからは

http://terakoya.on.omisenomikata.jp/map

携帯電話からは

http://terakoya.on.omisenomikata.jp/m/

この記事へのコメント