最終帰宅時刻

おはようございます。10月31日(土)です。

当塾ではその昔、日付が変わるまで勉強していた中学生がいました。

もちろん保護者了承済み、お迎えありです。

中学生が保護者なしで出歩ける時間は決まっていまして、その15分前を最終帰宅時刻と定めています。

その昔の伝説の少女たちは今は高3。

あれは中2の秋。だから4年前の話です。

その間、少なくともこのエリアの中学生のレベルは非常に下がりました。

昨夜もおそらく中学生と思われる男子が奇声を発して当塾前を走り抜いていました。

わたしはああいうのを聞く度に本当にゲームやスマホに頭をやられて不憫だと思います。

一方、昨日はまたまた小学生がとことん居残り。

まだまだ改善することはありますが、私の指導方針をわかってくださり、ご理解くださるご家庭のおかげで成り立っているこの居残りシステム。

少し前、別な親御さんに小学生に居残りさせるには遅すぎるのでは?と言われましたが、やらない本人がいけないため、私の指導では居残りをさせると伝え、結局は受け入れていただき、それからは宿題忘れが減りました。

そもそも塾に来ればいいわけではありません。

来てから学ぶ前に、家庭での準備体操が必要です。

それを怠った場合、反省させるため、改めさせるために、居残りや自習に来させるのは普通といえば普通ではないでしょうか。

短期間で繰り返すのは反省していない証であり、家庭で改められないから第三者が入るわけで、それはこちらも本気だからです。

居残りさせられた本人が、

イヤだな、

でも自分が悪いから改めよう!

と思って、改めればいいだけです。

それを私のせいにするような考えをおもちの方が増えましたが、私は鍛えているだけで、周囲がアマアマだからといってこちらを巻き込まないでいただきたいです。

そういった場合、子より親改革を要しますが、そういう大人は意見すら申すことなく、諦めて辞めるという結論に至ります。残念です。辞めることではなく、結果どうであれ、向かい合って話せない人が増えたのが残念です。

ラインばかりやっているからでは?なんて思ってしまいますが。


それにしても昨夜、居残りを長時間したあの子、あの学年であの時間までは過去最高、記録更新です。

頑張りましたが、改めてしっかりやってくれることを願います。期待します。



一昨日の様子です。


T君(強制自習)…逃げて得はなし。まずは謝り、正すこと。


Yさん(強制自習)…無事に自習卒業。1ヶ月間、よく頑張りました。


K君(強制自習)…他人が叱られている時にさりげなく加わり、同調しないこと。強制自習の身分で。


S君(強制自習)…全体を仕切るよきリーダーとして頑張りました。下の学年の子たちに慕われていて微笑ましいですね。


K君…宿題忘れ!しっかり確認をしてください。困ります。


K君…算数中心で、苦手克服。国語もじっくりやり、マルが増えました!


H君…問題なく、じっくりやり立派な限り。集中していていいです!


Y君…やかましくてごめんなさい。そんな中、頑張りました。


昨日の様子は後ほど…。


のびのび教育テラコヤ in羽生市

この記事へのコメント