タイミング

おはようございます。
2月29日(月)です。

新しい週の始まりです。今週もどうぞよろしくお願いいたします。


昨日は、もうかれこれ6年くらい、たまにやっているあるお仕事に参りました。

現場によりますが、朝が比較的に早いことがあり、昨日もそのパターンでした。

少し時間に余裕をもち、また、日曜日だから、朝のあの貴重なレトロな区間急行電車に乗ろう!と予定していましたが、準備に少しばかり時間がかかり、ギリギリというところでした。

私が駅に着くと、電車も到着していた模様で走りましたが、ホームに足がついた瞬間、電車のドアが閉まり、出発されました。

あと30秒、いや、あと10秒早ければ乗れたのに、と悔やまれました。

しょうがないので、次発の各駅停車に乗車。

途中駅で後から来る急行電車に乗り換えればと思ったのですが、なんと、途中駅で次発の急行電車に抜かれ、その急行はどんどん先に行ってしまいました。

結局、その後の区間急行電車に途中駅で乗り換え、目的地の駅に着き、バスに乗り換え、現場にはそれでも早く着き、仕事は無事に終了。

帰りに同じルートはつまらないと考え、浅草方面のバスに乗車。

浅草からは、区間快速に間に合えばという淡い期待、または、北千住乗り換えでも区間快速に乗りたいと考えながら、都内に行く時は必ず持っていく、東京都のバス案内本を見ながら考えました。

バスは途中、尾久駅、新三河島駅、三ノ輪駅等を通りましたが、いずれもうまく区間快速に乗り換えはできそうにありません。

浅草駅前に着いたのが16時50分頃。

あと15分早ければ、つまり、あと1本早いバスに乗れれば電車もうまく希望通りに乗れたといったところでした。


何事もそうそううまくいくわけではありませんし、計画通りにいかないこともあります。

しかし、そんな時に、そこからどう修正するか、これが私は大事なことだと考えます。

これはまた、子どもたちが日々取り組む勉強にも当てはまることでしょう。



のびのび教育テラコヤ


~ありがとう、もうすぐ開校7周年!~

この記事へのコメント