スマホ預かりバッグ

こんにちは。5月31日(水)です。
 
 
山陽新聞の記事の引用です。
 
******************
 
 
ビジネスバッグより一回り大きなかばん。内側に並んだビニール製のポケットには、スマートフォンを1台ずつ収納できる。

 開発したのは学生服メーカーのトンボ(岡山市北区厚生町)。中学生の約半数、高校生の9割以上がスマホを利用する時代となり、クラスの朝礼時に預かり、終礼時に返却している学校は少なくない。スマホの管理が、先生の新たな“悩みの種”になりつつある点に着目した。

 商品名は「スマホ預かりバッグ」。ポケットに名札を一緒に入れることで取り違いも防げる。

 昨年夏から秋にかけ、東京、大阪など全国4会場で開いた学生服の展示会に試作品を出品したところ、反響が大きかったため商品化した。縦42センチ、横55センチ。収納数が20台と40台の2種類あり、全国の販売会社を通して学校に納める。価格はいずれも3万円程度。

 岡山県内の学校で導入実績はないが、県外では既に採用した学校もある。同社は「スマホの管理に負担を感じている先生たちの手助けになれば」としている。
 
 
 
**********************
 
 
結局は禁止しても持参して、中毒の子どもたち。
 
禁止しても隠れていじるくらいならば朝預かり、帰りに編返却がよいと思います。
 
先生たちも黙認やチェックもいちいち大変でしょうから・・・。
 
 
賢い子はスマホなんかに惑わされず、やることはやり、メリハリがついています。
 
問題はそうじゃない子、いや、もしスマホがなければ、あるいは、スマホに支配されなければ、その先、もっと才能や能力を発揮できるような子たちがいかようなのか、そこだと思います。
 
 
開発して、発展させてのは大人や社会。
 
しかし、キーとなるのは親、家庭です。
 
 
これからの教育はこういうことも大きく関係するからますます難しくなっていきます。
 
 
 
 
のびのび教育テラコヤ
 
 
 

この記事へのコメント