なぜ殺人事件に発展するのか。

こんばんは。

2月22日(日)、埼玉県公立高校入試{3月2日(月)}まであと8日の夜です。

来週の今日、日曜日は前日です。

ここ3年ほどはこの時期は休日返上の日々でした。

今年は状況が異なっています。

家庭のことを考えると今年はこれでよかったと思う反面、やはり私は塾講師であるため、物足りなさを感じているのも事実です。


また事件が起きました。

中学1年生の子が殺されました。

しかも全裸で発見されたり、私物が燃やされたりと本当に何を考えているのかわからない事件です。

中1というのはまだ幼さが残っていて、これからいよいよいわゆる反抗期に向かう時期です。

まだまだ素直な面がたくさんある時期であり、これからという時に命を落とすとは、しかも、他者によって奪われるとは断じて許されません。

昨日は、同年代らしき子と行動をしていたのが防犯カメラに映っていたこと、二学期以降不登校気味で1月からはほとんど学校に行っていないこと、上級者とトラブルがあったことなどが報じられていました。

真相はまだわかりませんが、同年代が犯人であると考えると非常に私は理解に苦しみます。

中学生が中学生を殺すとはまったく想像できませんし、起きてほしくありません。

大人が子どもを殺すような事件が続くだけでもなぜなのかと理解に苦しむ中、子ども同士でなぜ殺人事件にまで発展しなければならないのでしょうか。

どうしてかけがえのない命を他人が奪うのでしょうか。

どんな権利があり、何を思ってそのようなことをできるのでしょうか。

殴られれば痛く、場合によっては死に至ります。

刃物で刺せば場所によっては命を落とすます。


トラブルが起こっても話し合い、解決できないにしても、喧嘩別れや絶交などで済むのが普通ではないでしょうか。


やはり機械の発達や心がしっかり育まれていない人が増えているからでしょう。

もちろんそれだけではないでしょうが、犯罪の低年齢化や残虐さは何とかならないかと思うばかりです。


だからこそとつなげるわけではありませんが、私は禁句制度を取り入れたり、義務教育中はスマホは不必要だと主張しているのです。

家庭のしつけや教育にはかないませんが、学習塾としてわずかながらでもやれることをやっていますし、やっていきたいのです。




陸前高田・ガレキーホルダー

石巻/木の屋・金華さば缶&鮭中骨缶

二本松/結城屋・五目ご飯の素&ごぼう玉ねぎ味噌

東松島/木遊木・拍子木ストラップ

などを販売して、東北支援を継続中!!





【元祖・地域密着型超小規模学習塾】

のびのび教育テラコヤ

もうすぐ開校6周年!


~高校生になるまでスマホは絶対に禁止!!

"なぜ殺人事件に発展するのか。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント